交通事故は起こしたその後が大変!弁護士とタッグを組んで対処しましょう

交通事故で揉めた場合は弁護士に相談することをおすすめします。

交通事故の処理は警察への通報から始まる

交通事故に遭ってしまった場合は、どんな場合でもまず警察に報告することが重要です。
物損事故と人身事故によって対応は変わってきますが、人身事故の場合、その場では怪我をしてないように見えても、あとからむちうちなどの症状が出てくることがあります。

保険会社への連絡も忘れずに

保険に加入している場合は、警察への報告が終わったあとに保険会社に連絡することも必要です。
保険会社では、加害者と被害者の過失の割合や損害賠償の内容や手続きなどを代行してくれます。
しかしながら、賠償の責任範囲や慰謝料などの件で相手との示談交渉がうまくいかない場合や、保険会社での示談交渉では納得がいかない場合などは弁護士に相談する方法もあります。

警察、保険会社で解決できないときが弁護士の出番

通常、保険会社が提示してきた損害賠償額に合意した場合、示談書にサインをしますが、サインをしてしまったあとではよほどの理由がない限りその内容を変更することはできません。
そのためもしも揉めそうであれば、必ず無料の弁護士相談に連絡してください。
自分1人で勝手に示談を勧めてしまっては相手の思うつぼとなってしまいます。

弁護士に依頼するメリットとしては、専門家が間に入ることで賠償額などが増える可能性があります。
専門家が間に入っていない場合、相手側の保険会社では、少なめの金額を提示してくることもありますが、素人だと妥当な金額というものがわからない人も少なくありません。
特に事故によって重い後遺症などが残ってしまった場合などは、障害の等級の手続きなどもしなければならなくなります。

示談交渉が決裂した場合は、最後の手段として訴訟を起こすこととなりますが、専門家が間に入ることで相手の保険会社も訴訟を避けるため、多くの場合和解が成立しています。
専門家に依頼する場合は、交通事故に強い弁護士を選ぶのもポイントの一つです。
交通事故の弁護に関して実績のある人の方が交渉もスムーズに行く可能性があるので、まずは相談してみるのが良いでしょう。

新たな反省エピソード