交通事故被害の十分な救済には弁護士の助力が欠かせません

交通事故はある日突然襲いかかってきます。

被害者の方にも何らかの過失が存在する場合もありますが、全く過失のない人が理不尽な被害を被ってしまうケースも少なくありません。
そのため、誰もがいつ、交通事故の被害者になるのかわからないのが現実です。
しかし、多くの加害者は任意保険に加入しています。
また、任意保険に加入していなかったとしても自賠責保険への加入が義務付けられています。
そのため補償交渉の場に現れるのは加害者自身ではなく、保険会社の担当者です。

被害者と話すのは主に保険会社のプロの担当者

保険会社の担当者は交通事故処理のプロですので、何の知識も持たない素人が一人で交渉にあたっても、手玉に取られてしまう可能性があります。
もっともらしい数字や専門用語を並べられて説明されても、反論する資料など持っていないのが普通です。
そのために、多くの被害者が、本来であれば受ける権利のある補償を受けることができずに、泣き寝入りさせられてしまっています。
そのような事態を避けるためには、交渉事のプロである弁護士の助力を仰ぐようにするのが一番です。

交通事故の被害者になったら弁護士を依頼しましょう

一般的に、保険会社の担当者は、裁判基準よりもかなり低めの損害賠償金を提示してきます。
極端なことを言えば、被害者の受けた損害を十分に補償しようとする考えは持っておらず、いかにして支払い額を低く抑えるかということしか念頭にないと言うことができるくらいです。
圧倒的な経験値の差がありますから、素人が対等な立場で交渉することはほぼ不可能です。
しかし、交通事故案件を数多く手がけた弁護士に代理を依頼すれば、少なくとも、対等な立場で土俵に上がることができます。
事故で受けた怪我のせいで、生活に様々な支障を生じているはずですから、その補償はしっかりしてもらわなくては困ります。
怪我の治療と補償交渉を同時に自分でやるというのは負担が大きすぎますので、弁護士に任せてしまうのが賢い方法です。